HOME  >  無線を学ぶ   >  無線独自の話し方

無線の話し方 musenは、相手が見えません。

 
電波法は、『運用』に関する規則を定めています。
ポイントは、“電波の能率的利用”です。ですから、「呼出し」「応答」「不確実な呼出しに対応する応答」「送信の終了」「通信の終了」といった話し方について法令で定められ独特な話し方になっています。(例えば、こちらの本の「運用」に詳しく書いてあります。)

また、「目的外使用と禁止」といって、遭難・緊急・安全・非常通信を除いて、目的範囲を超えた通信を禁止しています。良い点は相手のことを先に想像して話すことです。 ※携帯電話以外の無線機と考えておくといいと思います。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加